闇金問題解決までの流れ

闇金問題を抱える方は、精神的にも辛いものがあります。
度重なる取り立てや嫌がらせにうんざりし、生活もままならないでしょう。

 

そこでできるだけ早期に弁護士や司法書士などの法律の専門家に相談するようにしましょう。
豊富な知識と豊かな経験により、速やかに闇金問題から解放してくれるでしょう。

 

相談前に準備すること

まずは相談前に現状を整理するようにしましょう。
要点を整理した上で法律事務所に相談することで、速やかな対応が可能になります。

 

次の点を文章にしておくとよいでしょう。

 

  • 闇金業者名
  • 担当者内容
  • 氏名(偽名でもかまいません)
  • 会ったことがある場合には、年齢・顔立ち・体系などの特徴を整理しておきます。
  • 電話番号
  • 契約日時、契約場所
  • 契約内容(借入元金、金利、最終期限など)
  • 支払い済みの金額、残高の有無
  • 闇金業者の銀行口座の内容
  • これまでのやりとりの詳細な内容(録音しておけばさらに最適)
  • 闇金業者に知られている個人情報(住所、指名、銀行口座内容、電話番号、職場内容、家族の情報など)
  • 闇金業者に対する具体的な被害内容

 

返済金額を受け取らない
大量の寿司の出前が届く
脅迫めいたいやがらせの電話
家族や職場への被害状況
などをできるだけ詳細に記録しておきましょう。

 

闇金問題解決までの流れ

実際に闇金相談から解決までの流れを見てみましょう。

 

無料相談などを利用し法律事務所に相談する

まずは無料相談のシステムを利用し、弁護士や司法書士の事務所に相談するようにしましょう。
メールなどで随時受付を行っている事務所もあります。

 

実際に窓口で相談する場合には予約が必要になるケースが多いので都合を確認して予約を取るようにしましょう。

 

法律事務所が闇金業者に連絡を入れる

相談内容に同意した場合、弁護士や司法書士が闇金業者に連絡を入れます。
書類などを発送し、問題の解決を図ることもあります。

 

その後の対応は闇金側の出方によって異なります。
強圧的な業者に対しては法的手続きを取る場合もありますが、たいていは法律事務所から連絡が入った時点で利用者から手を引くケースが多くなっています

 

取り立てや嫌がらせが止まる

法律事務所の対応により、早ければ即日で取り立てや嫌がらせの行為が停止します。
電話などを着信拒否設定にしたり、家族や職場への事情確認を行っておくとよいでしょう。

 

闇金への対抗手段

相談を受けた弁護士や司法書士はあらゆる手段を講じて闇金に対抗します。
相談者の状況などと照らし合わせながら、問題を速やかに解決するために有効な手続きを行ってくれます。

 

 

口座の凍結

闇金業者の多くは、貸付時や返済時に他人の銀行口座を使用します。
債務者側から借金返済の代わりに取り上げられた口座や、他人の口座を売買する業者などから買い取った口座を使用することもあります。

 

そこで被害者からの情報により、金融機関側に口座凍結要請を行い、口座を使用できなくさせます。
口座を使用できない闇金業者は大きな損失を被ります。

 

闇金の実態調査

闇金がもっとも恐れるのは、警察に「逮捕」されることです。
相談を受けた法律事務所は相談者からの情報により闇金業者の実態調査を行います。

 

業者の貸金業者登録の有無や事務所、代表者の住所などを調査し、職権を活用して携帯電話の所有者なども調査することができます。
このような情報を積み重ねていき、闇金業者との交渉を有利に進めるとともに、場合によっては警察への被害届の提出や刑事告発にも活用していきます。

 

店舗への直接交渉

店舗を構えて営業している闇金業者や、調査により事務所や代表者の所在が判明すると、直接乗り込んで交渉を行います。
法律の知識を相手に示しながら、返済請求などを要求します。

 

被害届の提出、刑事告発

被害の証拠を集めた結果妥当と判断すると、警察への被害届を提出し、刑事告発の手続きを進めます。
警察に闇金業者の情報をリークすることで交渉も有利に働くケースも多くあります